帯祝いについて
帯祝いについて
未分類 | 01月08日更新

妊娠後初めてのお祝いになる帯祝い

妊娠して5か月目に入ると流産の危険性が少なくなり安定期に入ります。この5か月目の戌の日に、安産を祈願し帯祝いというお祝いをします。戌の日に行うのは、犬のお産が軽い事にあやかるためと言われています。帯祝いは、普通妊婦の実家から、さらしの布で出来た岩田帯を送り、戌の日から付けます。今は装着が簡単で伸縮性が高いガードルタイプやベルトもあり、利用する人が増えています。神社で安産祈願の祈祷してもらう場合は、

続きを読む

未分類 | 01月08日更新

帯祝いってどんなお祝い?

帯祝いとは妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に行う行事の一種で、妊娠して最初のお祝い事です。妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に行う理由は、妊娠して5ヶ月が経過すると胎児も順調に成長しているため流産の心配がなくなること、お産の軽い犬にあやかって安産を願うためです。最近は戌の日に行わないなど少しずつ変化しています。
帯祝いとして贈る帯は岩田帯と呼ばれる腹帯で、岩のように丈夫で元気な赤ちゃんが生まれることを願う思いか"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

帯祝いという風習について

妊婦が妊娠5か月目に入ったら、戌の日に妊婦の下腹部に絹製の腹帯を巻き、安産を祝う、という風習のことを「帯祝い」または「着帯の祝い」といいます。
帯祝いの際に、妊婦の下腹部に帯を巻く人のことを帯親と言います。
帯親は、仲人や子宝に恵まれている夫婦が務める場合が多いです。
ただ、帯親といっても夫婦二人で帯を巻くのではなく、実際に帯を巻くのは妻の役目になります。
そして、帯祝いが無事に終了した後には、妊"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

帯祝いという儀式について

帯祝いというのは、妊婦が安定期に入った5カ月の戌の日に、妊婦の腹に腹帯を巻いて妊娠を祝い、安産の祈願をする、という儀式のことです。
腹帯を巻く、という行為は形式的なものだけではなく、おなかを保護して胎児と母体の安全を守る、妊婦の母親になるという自覚を促す、といった実用的な意味も持っています。
帯祝いの際に妊婦が腹に巻く帯は「岩田帯」と呼ばれており、これには、生まれてくる赤ちゃんが岩のように強くたく"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

帯祝いとは、どういった行事?

出産祝いだけでなく、妊婦の時には「帯祝い」といった行事があります。
帯祝いとは、妊娠を祝いお母さんとお腹の中の赤ちゃんの安全を祈願する儀式で、安定期に入る妊娠5ヶ月の戊の日に腹巻き(岩田巻帯)を巻きます。戊の日を選ぶのは、お産の軽い犬にあやかると言う意味がありますが、お母さんの体調を最優先に考えて行いましょう。
岩田帯は、紅白の絹2筋と白木綿1筋を重ねたもので、通常は妻の実家が贈りますが、地方によ"

" 続きを読む

top